名古屋高裁 逆転敗訴

名古屋高裁 逆転敗訴

これに納得できる国民がいるのでしょうか?

虚偽のDV申告であった事の認定を受けての、この判決。

言ってしまったもの勝ちですか? DV防止法は本当の被害者を守るべきものではないのでしょうか?

それとも国は、親子断絶を行わせるための法律を作ったのですか?

 

国が虚偽のDV申告を認めて、それに対してのお咎めがないのであれば、それは弁護士も平気で虚偽申告を使いますよね?

私たちが住んでいる国は本当に日本ですか?

冤罪が成立する国。 憤りしか感じる事ができません。

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です