福岡での交流会

昨日、2月11日、福岡の当事者の方、また山口県から遠路遥々お越しいただき、お疲れ様でした。

とても充実した内容の濃い交流会というよりも、勉強会になりましたね!

たまたま同会場の別会場で行われていた児童虐待のセミナーに、あるキッカケで参加させていただくようになり、とても勉強になりましたね!

娘さんが虐待に耐えられず、自死された経験を持つお父さんも涙ながらにスピーチされていました。

こちらも胸が締め付けられる思いでいっぱいでした。

その後、私達当事者の存在が、居る事すら知らない一般の方に、質問をさせていただく機会を設けさせていただき、私たちの経緯と連れ去り問題、親子断絶が児童虐待にあたいする事などをお話させていただきました。

驚くほど反響と共感をいただき、参加者の方達から「また是非お話を壇上から聞かせていただけますか?」とのお声をいただきました。

 

私達当事者も皆さん熱くなり語っていらっしゃいましたね!

とても良い機会をいただき、啓発活動にもなり、感謝です。

また三月にも交流会行いましょう!

子どもの健全な成長を考える時、両親から愛情が重要です。

もしも両親が別居や離婚などの状況に陥ったとしても子供に罪はありません。子供の将来を想うのであれば、両親からの愛情は絶対に必要なのです。

『ジャスティス九州』は親子の絆を繋ぐ架け橋となるべく活動しています。一人でも多くの子供たちとその家族を幸せにできるように、些細な事でも構いません。お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です